グリルチキンとわさび菜のサラダうどん

今日のランチ〜

◆グリルチキンとわさび菜のサラダうどん

だんだん暑くなってきて、
冷たいうどんが食べたくなる季節になってきました!!
いいぞ!!その調子だ!!

今日はちょっと辛味があってさっぱり食べられる
「わさび菜」をたっぷり使用しました〜♬
ザク切りトマトと合わせて、
キユーピーのテイスティドレッシング【黒酢玉ねぎ】で和えておきます。

鶏もも肉はガーリックソルトなどのシーズニングソルト+ブラックペッパーを
まんべんなく振り掛けて、両面こんがり焼きます。

うどんを茹でて水で締め、薄め+少なめのめんつゆを入れて。
わさび菜とトマトのサラダ、グリルしたチキンを盛り付けます。

温泉卵はレンジで簡単に!
耐熱容器に卵を割入れ、爪楊枝で黄身・白身に小さい穴を開けます。
(穴を開けることで破裂を防ぐから、必ずやってね)
大さじ2の水を入れて、レンジ600Wで40秒加熱。
めちゃんこ簡単だからいつもこの方法で作ってます〜。

最後に温泉卵をのせたら出来上がり!!

簡単美味しいランチでした〜〜〜!!

今日午前中に描きあげた絵を貼っておきます!!
もののけ姫より、サンを描いてみました。
色鉛筆と水彩色鉛筆で描いたよ〜。
改めて見るとさ、なんかすっげえお面だよね笑
耳は山犬を表現しているとしても、顔はなんなの??ひょっとこですか???笑
そもそもサンは山犬に育てられて、山犬として生きたいのに
なんでこんな人間っぽい仮面被ってるのか謎じゃない??
と思って調べてみたら、やっぱり同じことを思っている人がいました。

サンって“山犬の娘”なのに人っぽい仮面を着けてるのおかしくない? 「もののけ姫」の仮面を全力で分析した
面白い記事だからぜひ読んでいただきたいけど、
ブログ読むのめんどくさい人のために簡単にまとめてみるね。

サンの仮面は、縄文人が付けていた「土面」(粘土を人面の形にこねて焼き上げた面)をモチーフにしているらしい。
つまりサンは仮面を付けて「縄文人」に変身しているということ。
ここでいう「縄文人」は、狩りや採集を中心に自然と共生する人間の根源=サンの生活を指していて、
武器を作り生き物を殺して自然を壊し、共生をないがしろにする人間=タタラ場の人々に怒りと憎しみを持っている。
だからサンは「縄文人」の仮面をつけて、自然への侵略行為をする、タタラ場の人間たちを襲う。。。

なるほどねえ〜〜〜!!おもしろい!!!!!!
これが本当かどうかはわからないけど、そう考えると確かに納得がいく。
はぁ、とため息つくほど、宮崎パヤオの感性は素晴らしいなあ。。。
世の中の表現者たちを尊敬する。
内なる衝動や熱意、情熱みたいなもの、私も感性を磨きたいなあ。
色んな文化、歴史、人、考えに触れる、経験するしかないんだろうな〜〜
行動あるのみ!!!!!!

今日もごちそうさまでした!

What do you think of this post?
  • もぐもぐ! (4)
  • 美味しそう (6)
  • レシピ教えて (0)
  • いいね (0)
  • 読んだ (0)
  • 微妙 (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください