銀座 篝(かがり)@Echika池袋

先週、彼に誘われて
「銀座 篝(かがり)」のEchika池袋店に行きました。

ミシュラン ビブグルマンに
2年連続選ばれているというラーメン店です。
本店は銀座、その他池袋だけでなく札幌や六本木浦和など
色んな所に進出しているラーメン店です。

写真にもある、特製冷しsobaが気になって最後まで悩みましたが、
はじめて食べるので、
一番スタンダードな「鶏白湯soba」¥1,000-を注文しました。

席に合った説明書きです。

真っ黄色いスープのラーメンが出てきました。
白を通り越して黄色!
濁っていて、麺が見えません。
鶏チャーシューと、筍、ヤングコーン、プチトマトと
ラーメンらしからぬトッピング。
三つ葉がきれいだね。
薬味として、生姜とフライドオニオンが一緒に提供されました。
普段は卓上調味料があるようですが
感染症対策かテーブルには出ていませんでした。
(あとで知ったけど、言ったらもらえるみたいです)

麺はむっちりとした中太ストレート麺でした。
このスープを説明するときによく言われる
「ポタージュのような味わい」という言葉の意味がよく分かるくらい、
かなり濃厚でとろみのあるスープでした。
鶏の旨味もまぁありますが、バター?の味わいが強いのかな。
説明書きには「濃厚ですがサラッと飲めてしまう」とありましたが
正直めちゃくちゃサラッと行けませんでしたw
これは完全に好みが分かれると思いますが、濃厚チーズパスタみたいに
結構味がクドくて、途中で飽きて食べたくなくなってしまいました。。。
生姜を入れて味変してみたところ、味が締まって食べやすくなりました。
が、それも直に飽きるというw
白湯にしては塩加減が弱いような気がするんですよねぇ…
いや、そもそも私油少な目のあっさりしたラーメンの方が好きだったw
(ここまで来るとなぜ頼んだのか、という気になってくるw)
これで栄養低くてカロリー高くて1000円でって
なんかもう悲しくなってきましたw
私はもう佐野ラーメンしか食べられないのではと思いました笑

まぁ辛口ですみません。
正直、私はもともとラーメンが嫌いですw
口に残る油が好きじゃなくて、マヨネーズとかも好きじゃないです。
食べられるけど、好き好んで食べない。
でも、好きだと思う、偏ったものばかり食べる生活は、
安心だけど発見は少ないし可能性も広がらないと思います。
だから、好きではないものもたまに自分の中に取り込んでみて、自分の好みを確認する。
図らずも取り込んでしまう場合もあるけど。
そうしたら、また新たな発見ができるかもしれない。。。
好きという気持ちはあるけど、好きなものの中に嫌いなものが入っていたら?
例えば私はパクチーが苦手で、上に乗せられたパクチーを取ることはできるけど
スープに溶け込んだパクチーをすべて取ることはできない。。。
パクチーがどれほどそのスープに溶け込んでいるかにもよるけど、
私がそのパクチーの少量入った好みのスープをどうしても飲みたいのならば、
レモン汁をかけてみたり、コショウを振ってみたりしてなんとか緩和しようとするよね。。。
この、レモン汁をかける、とか、コショウを振る、とかいった工夫こそが、
新たな発見に繋がるかもしれない、新しい化学反応を生むかもしれない。
そう、その自発的な行動が自身の成長と社会の順応において大事なのである。
そうやって頑張って工夫してみて、それでもやっぱり食べられないときは、
流しにスープを流してしまっても、きっと悪くないんだよね。。。
とりあえず私は私ができることを頑張ってみるしかないんだよね😢
え?比喩がわかりにくいからはっきり言え?次から気を付けます♡(そして言わない)

今日もごちそうさまでした。

What do you think of this post?
  • もぐもぐ! (2)
  • 美味しそう (0)
  • レシピ教えて (0)
  • いいね (0)
  • 読んだ (0)
  • 微妙 (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください