ツナとねぎのふわふわいり卵、豚こまとえのきのスープ

過去作った料理シリーズ。

◆ツナとねぎのふわふわいり卵
◆豚こまとえのきのスープ

どちらもだし汁をしっかり取って、
たっぷり使用しました。

いり卵のふわふわのコツは、
たっぷりの卵とだし汁・ツナ・ねぎを入れたボールを
湯煎でゆっくりあたためながら固めること!

ふわふわ口溶け豊かな味わい。
だしの香りが鼻からすっと抜けて、
もう「日本人で良かった」としか思えないです。

スープも、だし汁をしっかり取っているので、
味付けは酒と薄口醬油だけ。

和食にこだわりだして、だしをしっかりとるようになってから思うことは、
『酒 って偉大だ』ってこと・・・。
酒が入るだけで料理に深みが与えられるし、素材の香りも引き立つ。
お肉を柔らかくしたり、魚の生臭さを消したり、本当にお酒の力はすごい。
みりんや醤油には前々から敬意を払ってたけど、
酒にこだわりはじめたのは、やっぱ笠原将弘さんのレシピに出会ってからだなー。
笠原さんのレシピは、酒の割合がすごく多いんだよね。

「料理酒」を買ってる皆さん!
パック酒でもいいので、「料理酒」ではなく「日本酒」を使用しましょう!!
原材料:米・米こうじだけのものを買う。
全然味が違いますよ。
「みりん」と「みりん風調味料」より変わるかはわかんないけどw

あー。料理したいな。
手術痕がじんじん痛い。

おわり。

What do you think of this post?
  • もぐもぐ! (1)
  • 美味しそう (1)
  • レシピ教えて (0)
  • いいね (2)
  • 読んだ (0)
  • 微妙 (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください